保険業界総力リサーチ 外資系自動車保険が人気のワケ

pickup新着コンテンツ

保険業界総力リサーチ 外資系自動車保険が人気のワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1998年に自動車保険が自由化されてから、これまで日本の損害保険会社が取り扱っていた自動車保険も外資系保険会社が進出し、日本で販売されるようになりました。ですから、現在では日本国内の損害保険会社と外資系保険会社の多くの商品の中から自動車保険を選ぶことができるようになっています。

自動車保険の選び方一つで保険料も差が出てくる時代。賢く選んでよい自動車保険に入りたいものです。そのためには、自動車保険のシステムについてよくしらなければなりません。そこで今回は外資系保険会社の自動車保険にスポットを当て、説明したいと思います。まず最初に保険とは何か?保険の歴史について説明したいと思います。

保険とは

人は生きているというのは、様々な危険と隣り合わせです。重たい病気になってしまうかもしれませんし、事故などで大きなケガをしてしまうかもしれません。また、地震で家を失ってしまうかもしれませんし、交通事故にあってしまうかもしれません。このような危険にめぐり合ってしまった時、たくさんのお金が必要になることが多々あります。

このような事態になった時に、相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度が保険です。保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備えるものです。自動車保険の場合は車で事故を起こしてしまった場合、保険金が支払われるものです。

保険の歴史

では、保険とはどのようにして生まれたのでしょうか。その歴史は古代オリエント時代にまで遡ります。バビロニア地方の商人達は海の向こうの土地との交易をしていました。しかし、船を使った交易にはたくさんの資金もかかりますし、船が万が一転覆でもしたら…というリスクもあります。

そんな商人達に対して、バビロニアの富豪は商人の妻子や財産を担保に資金の貸付を行っていたそうです。そして、万が一船が海難事故に遭ってしまった場合はその担保の没収は行わないというシステムを取っていたそうです。これが、保険の始まりだと言われています。

自動車保険の歴史

自動車保険ができたのは、ヨーロッパで自動車が開発された1800年代後半だと言われています。さらに、日本に車が初めて輸入されたのは1900年頃、自動車保険ができたのが1914年だと言われています。日本に車がやってきてからわりと早い段階で保険のシステムができたと言えるでしょう。

Copyright (C)2017保険業界総力リサーチ 外資系自動車保険が人気のワケ.All rights reserved.